Active Filmを作る為の脇役たち

黒いコンストマガジンをつかうActive Film巻取具の両脇の土手の部分を新しい物は、極力低くしています。当然の事ながら、ブローニーフィルムのスプールの鍔の高さ位までは、低くした方がいいようです。その方が使い勝手が良いからです。

DSC_8000

必要がなくなったら捨てられるスプールの活用法から、考えた方法ですが、FUJIFILMを除くスプールは、Active Filmのフィルムの幅寄せに使えます。理由はスプールの真ん中に、FUJIFILMの特許である遮光紙が外れなくする為の加工がないからです。金属ノコギリや超音波カッターで切ることができます。

DSC_8224

フィルムの幅寄せには以前にも詳しく説明させて頂きましたのでそちらを参考にして下さい。金鋸やカッター・ニッパで切ることができます。只ニッパで切る時のコツですが、力を徐々にいれて切るようにすると、思った所が切れます。

DSC_8274

画像にあるようにスプールの中心にフィルムがくるようにセットします。フィルムを外れなくする為にはコの字の蓋をつけますとフィルムが飛び出さないので、Goodです。

DSC_8277

次の脇役は、100均やホームセンターで販売されているプラスチック樹脂を用意して35mmの幅にカットします。片方を角丸にします。0.7mmや0.5mmの樹脂は、同じく100均・ホームセンターで売られている万能ハサミ・キッチンハサミでもカットが出来ます。ちょっと不器用な方は画像のように美容用の眉毛カットハサミでも上手に切ることができます。明室での作業でもテープの粘着力が落ちないように、この後で説明しますリタック紙を使ったり、遮光紙にテープを貼る時にもこの青い樹脂は、初心者には便利な脇役になってくれます。油性ペンで、書いた後に透明な荷づくりテープなどで覆って下さい。理由は直ぐに分かると思います。

DSC_8235

100均・ホームセンターで売られている塩ビテープでフィルムで止めております。本来はFUJIFILMのように一定の粘着力がある軟粘着テープが良いようです。本来は、当方がテープメーカーに一定のロットで作らせて販売するのが良いのですが、テープは経年変化の影響を受けやすいので、躊躇しています。

DSC_8230

印刷業界では、糊つきの紙をタック紙と読んでいます。インクジェット紙やレーザープリンター紙で主にA4とかがPC専門店で貼って剥がせるタック紙として売られています。これなどが便利に使えます。画像にあるようにタック紙の糊面にはリタックという糊にもくっ付かない紙が使われています。そのリタック紙を塩ビテープの糊面に半分貼っておきます。

DSC_8232

リタックを半分はり、後の半分を遮光紙に貼り使うようにします。120・220タイプでその使い方は変わる場合があります。

左側が粘着面側からみたところで、右側が塩ビテープの表側になります。

DSC_8227

左側が120タイプに使うときのテープです。右側が220タイプで使うときの形態です。

DSC_8236

飽くまでもイメージですが、220タイプはこのような繋ぎ方になります。フィルムを3mm程遮光紙の先端にもぐらせてから接着するとフィルムがスムーズに流れます。

DSC_8246

暗視スコープで見ることができるのであれば、リタックの方法もこのような手順を説明する必要がないかも知れませんが、ダークバックや暗室を前提とする場合、リタック紙があるとないとでは、安心感が随分変わってきます。

DSC_8248

今回脇役達とご紹介しましたが、まだまだ進化しますし、別な発想で自分ならこうするな?というようなご意見がありましたらお待ち致しております。

どういう訳か? 特許公開以降Googleアナリティクスでは、このサイトはケータイで近隣の中国人・韓国人に見られています。Google検索でも裏ずけられます。日本語以外の文字化けがでます。

ダークバッグ専用35mm巻取具製作手順その2

前号で大方の所まで説明出来ましたので、ポイントを絞りつつご説明します。レール上で巻き取りをする時のセットになります。このシンプルな形は何故?という疑問を投げかけられた事があります。黒いコンストマガジンという容器のことをいっているのですが、原価が、2,000円支払ってもおつりがほとんど戻ってきません。一般人が購入しようとしても困難ですし、金型から作っても相当高額になります。結論的に、無くしてしまえば!という事からこのような形状になりました。

DSC_7998

レールの外側で巻取作業をする時のセットになります。

DSC_8000

スプールを外しますとこのようにシンプルな形です。

DSC_7983

中判の120タイプをダークバッグの中で巻き込み作業をする場合、このようなスタイルでやるのですが、フィルムは事前に83cmの長さに、計っておく必要があります。最近はあまり見かけませんが、黒いフィルムケースは、遮光性がありますので、長さを事前にダークバックの中でスケールを持ち込み83cmとか135cmの長さに準備しておくと便利です。

DSC_8007

フィルムケースを活用してダークバック内でフィルムを一時保管する時にこのような方法もできます。前号でも、ご紹介しましたがフィルムにも傷がつかないようにフィルムの出入り口にベルベットの裏にアクリル両面テープを貼り、フィルムに傷がつかないようにします。35mmの金属のマガジンには、リボンというこのようなベルベットを上下に貼って遮光しています。フィルムをそのまま使うのが一手間は掛かりますが、安全です。

DSC_7995

受傷事故に気をつけてフィルムケースに穴を開けて下さい。事前にフィルムの長さを測定しておきましたら、フィルムマガジンをそのまま使えば良いのですから、こちらの作業は必要なくなります。

DSC_7992

ハトメの大きさは内径の大きさにより偶数で種類が違ったものが売られています。電車の車輪のようなモノですので、画像にあるものでしたら、問題なく作れます。

DSC_7959

黄色いアルミワイヤを使っております。理由は適度に自由が効きしかも形を維持してくれる為です。大創では、バーコードを伝えますと廃番になっていなければ取り寄せてくれます。直径4mmのアルミワイヤです。品質が変わらず、ホームセンターより安く手に入ります。素材のアルミやボルト、フィルム、ナット、塩ビアングル、接着剤、テープを除きますと、リユース品からできております。アルミレール上の巻取スタイルです。

DSC_7998

アルミレールから外したスタイルになります。

DSC_8004

120タイプの場合ですがアルミレール上で巻き込む作業になります。

DSC_8006

フィルムをテープで貼る作業スペースをお好みの位置で巻き込み作業ができます。

DSC_8011

ダークバッグ専用35mm専用巻取具のアルミガイドの型紙をこちらにアップします。手の大きさや指の長さで、こちらの型紙は8cmで作っておりますが、適宜9cmとか10cmでも良いかもしれません。直径4mmのアルミワイヤの長さもそれに合わせて調整して下さい。

ピクチャ 1

http://www.active-film.com/wp-content/uploads/2013/05/darkbag-35mm.pdf

ダークバッグ専用35mm巻取具製作手順その1

0.2mmのアルミで試作しましたが、実用タイプを作るまでの手順を何回かに分けてお見せしてゆきます。こちらが完成形です。

DSC_8006

アルミ板は、ホームセンターでB5サイズで厚みが0.5mmのものを使います。折り曲げや穴開けの加工が楽なことからです。このサイズですと、アルミのレールの土台が4枚取れます。

DSC_7955

型紙を作りアルミにトレースします。レール部分と土台になります。金属鋏でカットします。

DSC_7957

アルミの土台が完成しましたら、4mmのアルミワイヤを土台のセットします。3mm×10mmのネジとナットでアルミワイヤをループにして固定します。次に画像にあるスプール並びにハトメの加工のをします。

DSC_7990

ハトメはアルミのレールに車輪の代用として使いますので、ハトメパンチでかしめ過ぎず緩めに外れないように作ります。

DSC_7962

ルーズに止めたハトメの平らな方に強力なアクリル両面テープでスプールの中心に固定します。接着剤でも構いません。

DSC_7965

用意するリユースのスプールは、フジのスプール以外のメーカーのモノを調達しましょう。理由は何度かこのサイトでも取り上げましたが、FUJIFILMの特許を取得しましたスプールは加工がされていて、1/2にカットして35mmフィルムの幅寄せ具として使う為には不向きです。そこでKodakやエフケのスプールを金属のこぎりや、超音波カッターで軸を水平にカットします。大昔は金属でできていたようですので、このようなことは出来ませんでした。『ブローニーの由来知っていますか』という展示を6月16日まで日本カメラ博物館で展示しております。

DSC_7967

ホームセンターにある電気コードを保護する時に使う塩ビアングルを適宜カットします。

DSC_7970

35mmフィルムの幅寄せ具になりますので6.3cmmのスプールの中心に35mmの中心がくるようにL字型に接着剤で固定します。

DSC_7972

フィルムに傷がつかないようにアクリル両面テープでベルベットにフィルムの通り道に11mm×35mmにカットしてスプールの中心に敷き込みます。

DSC_7981

スプールの鍔の部分にハトメを固定し、フィルムの通り道にベルベットを敷きます。

DSC_7979

35mmフィルムがマガジンに入った状態ではカーリングがきつくスプールの幅寄せ具から飛び出す事を防止する為に蓋をつけます。素材は、飲み終わったペットボトルのPET樹脂をリユースします。こちらがほぼ完成形になります。

DSC_7990

アルミ土台にスプールの幅寄せ具を載せます。土台は若干の傾斜があります。ダークバッグの中で作業する時アルミ土台の外側で作業スペースを確保したい時にこのように使用します。

こちらのページの最初の完成画像がアルミレール上で巻き取り作業をするときのセットになっております。前後の方向を変える事により作業しやすい方でお使い下さい。

DSC_8004

ダークバック専用35mm巻取具を試作しました。

FUJIFILM以外の中判フィルム用のスプールは、各社同じような構造になっております。水平に1/2にカットしてリユースします。

DSC_7944

再利用をする為に試行錯誤してこのようなものを作りました。

DSC_7942

手巻きでフィルムを巻き取る場合ガイドのレール状のところを滑らせないと巻き取る時にフィルムが蛇行しやすくなります。暗視スコープで確認しながら巻くのであれば、蛇行を防ぐことができます。コストを削減する為の試作ですから、黒いコンストマガジンがコストの最大のネックなので、ダークバッグの中で使うという事で、削減します。次にコの字のレール状ガイドの素材は金属の方が強度的に良いと考え、加工しやすいという事で、アルミにしました。巻取側のスプールの軸を移動させて好みの場所で巻き取ることができるようになっています。こちらはガイドの外側で巻き取るときはこのようにします。

DSC_7953

アームをこのように移動させます。

DSC_7952

ガイド側で巻取スプールを使うようにする時は、このように使います。

DSC_7951

スプールは12mmの鳩目を鍔の所に固定して車輪のように使います。更に35mm用のガイドをつくりフィルムが外れないようにします。

DSC_7942

120・220両方に使えますが、220方式でActive Filmを巻くときはこのようなイメージになります。

DSC_7927

従来型の黒いコンストマガジンを使った35mm専用巻取具(120フィルムをまいています)と今回の暗室専用35mm巻取具(220タイプを巻くスタイル)を並べてみました。これによりコストダウンがはかれます。

DSC_7930

更にダークバッグに入れてみました。遮光紙にテープを事前に明室でセットしておきますと、手探りでも失敗なくフィルムを巻く事が可能です。220タイプで巻く場合は乳白色の幅寄せ具を使いますので、確実に220フィルムが作れます。フィルムは135cmの長さを守って下さい。135cmを越えますと後端付近が被りやすくなります。

DSC_7936

アルミの台座は0.2mmのアルミのもので作りましたが、出来は良くないですね、0.5mmのものでしたら、比較的丈夫なものが作れます。

DSC_7947

今後トレースして、誰でもActive Filmを作ることができるように、おりをみてこのサイトに図をアップします。

DSC_7950

東北の被災された木工所でActive Film 35mm専用巻取具を製作可能な木工所を探しております。

Active Film(特許第5225510)の35mm専用巻取具のVol Ⅱを製造して頂ける被災された東北の木工所限定で探しております。

東北で東日本大震災で被災された木工所にActive Film 35m/m巻取具の木工部分を製造して頂きたいと計画中で、以下のPDFに概要があります。
ご興味のある方はご覧下さい。

DSC_7570

対象の木工所をご存知の方は、弊社にご紹介頂ければ幸いです。

DSC_7575

Active Filmの巻取機もⅠ型Ⅱ型とダウンサィズして、実用化の段階になりました。Ⅱ型の長さは1/2になりました。ダークバッグの中での作業も充分可能です。

DSC_7572

撮影後のコンストマガジンは、ノーリツ鋼機のブローニーフィルム対応の現像機であればそのまま現像の依頼が出来ます。ブローニーフィルムの120・220タイプの両方に対応致します。

DSC_7574

mail: info@active-film.com

担当 坂野まで