無料モニター募集のご案内

この度、10名様限定で無料のモニターを募集させて頂きます。

DSC_9812

  • Active Film作成キットと、120タイプか220タイプの遮光紙、どちらか1枚をお付け致します。
    ※送料は弊社負担となります。
  • 35mmカラーネガフィルムはお客様の方でお好きなものをご用意下さい。
    ※今回はカラーネガフィルムをお使い下さい。
  • 撮影が終わりましたら、撮影済みのActive Filmを弊社までお送り下さい。現像とプリントをさせて頂きます。
    ※現像料、プリント代金、送料はお客様負担となります。
  • アンケートを同梱しますので、回答をご記入の上、撮影済みのActive Filmと一緒に弊社まで送って下さい。
  • ActivFilmで撮影された写真とアンケートの回答を、当Webで発表させて頂きます。匿名での発表も可能です。
    ※発表する写真は弊社で選ばせて頂きます。
  • 現像、プリントは後日弊社よりお客様の方へ送らせて頂きます。
    ※送料はお客様負担となります。
  • Active Filmの使い方は、当Webサイトでご確認下さい。
  • 暗室、又はダークバッグをお持ちの方に限らせて頂きます。

以上の条件に同意して頂ける方は、

  1. お名前
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. メールアドレス
  5. ご使用のカメラ
  6. フィルムマガジンのタイプは120タイプか220タイプのどちらですか

を明記の上、メール(info@active-film.com)にてご応募下さい。

ご応募お待ちしております。

素材のホワイトアングルをカットします。

DSC_9809

ホワイトアングルという塩ビの素材を10個分カットしました。

DSC_9811

樹脂とそこ板を10個分カットしました。

DSC_9815

完成品と塩ビ樹脂素材あともう一個スプールとブローニー用収納容器をご用意下さい

DSC_9813

塩ビ樹脂10個分です

DSC_9864

フィルム幅寄せ具をセットしています。

DSC_0155

金属フィルムマガジンをセットしております。

DSC_0172

使い方は新型 塩ビ樹脂巻取具の使い方というページをご覧下さい。120・220のフィルム両方のフィルムの種類がつくれます。

新型・樹脂製ActiveFilm巻取具

新型樹脂巻取具のシンプルな形です。パトローネにフィルムを入れる場合は若い番号が芯の方で0からスタートした場合フィルムの長さは83cmですから、DXコードの駒番号が22番辺りになります。因に24EXのフィルムで充分な長さで作ることができます。5個入パックフィルムですと、300円くらいで試すことができます。

DSC_9332

暗室やダークバック内ではこのような形になります。スプールには遮光紙の露光済み(EXPOSED)の方から巻くようになります。

DSC_9331

本体は熱処理で加工しやすい塩ビ樹脂で作りました。従来までコンストマガジンという黒い遮光性のある容器を使用したタイプでやっておりましたが、単価が高いので、調達コストを下げるためフィルムマガジンを使うタイプにしました。

DSC_9099

コンストマガジンを使うメリットは、ノーリツ鋼機の現像機でブローニーフィルムをながせる機械であれば手間いらずです。暗室やダークバッグでフィルムを巻く場合巻き直しをしますと、フィルムの若い番号順に揃えて巻くことができます。

DSC_9105

暗室やダークバッグで35mmのマガジンのスプールを巻くというのは難儀で36exなどでは、馴れないと指が痛くなります。そこで簡単な応用と便利なものを紹介します。20世紀末には使い捨てカメラを中国での詰め替え品が大量に日本に入り込みフィルムメーカーとの訴訟問題にまで発展しました。そこでフィルムメーカーは自衛策としてこのように、スプールにギザをつけて回転の手掛かりに、工夫を凝らしています。Kodakの使い捨てカメラの巻き上げ部は特にその為の工夫がありません。そこで写 真のように、クランク風のネジで、マガジンに手軽に巻き戻す事が出来ます。

DSC_9104

フィルムマガジンは突起している部分に工夫があります。

DSC_9102

この新型樹脂製巻取具は本体はホワイトアングル20×20という1,820mmの長さのものを使っています。  使われているものを紹介しますとブローニーフィルム用スプールはリユースのもの二個ステンレスボルト・ナット アルミ樹脂ワイヤー PET樹脂 アクリル両面テープです。ほとんどがユニバーサルなものでホームセンターなどで購入することができます。

幅寄せ部分に2,000ガウスの磁石を使うか迷いましたが、部品数を減らす方がメリットがあると考えました。画像ではわかりずらいですがフィルムマガジンを宙づり状態日していてその部分の折り曲げ加工、その下の方に遮光紙が中央になるように、スプールの鍔の部分の幅を折り曲げております。フィルムの幅寄せ部分を移動が出来ます。それが外れないようにとネジの横に樹脂を折り曲げて外れなくしましたが、実際はボルトが出っ張っているのでその変わりにその役目をしてくれています。

DSC_9101

幅寄せ具に改良を加えました。リユースでユニバーサルなパーツを追求しますと更に小型化出来ます。

DSC_9263

35mmフィルム幅寄せ具をPET樹脂にして、軽さを追求しました。ここまできましたら、あとは業界違いのリサイクル樹脂など大胆な発想で土に還る紙であったり、ケナフとかの方向性もありかもしれません。土に還るプラスチックの螺子とか諸々考えられます。

DSC_9276

フィルムの巻き戻しの容器が、スペインのKALTという商品があり、それを利用しますと一個フィルムマガジンが215円位で購入出来ますので、商品としての実現の可能性がたかまりました。

DSC_9229

続 Active Film吊るし巻きの暗室でぶれない新たなアプローチ

ホワイトアングルという塩ビ素材のL字型のガイドに対しリユースのKodakのスプールの鍔に2,000ガウスの磁石を両方に取り付けています。均等にバランスをとってフィルムを巻く時にサポートする役目をするのがこの幅寄せ具です。

DSC_8775

上下二本のピアノ線で平行を確保しています。

DSC_8776

両端のピアノ線でホワイトアングルの平行は確保しています。理由は塩ビのホワイトアングル自体が曲がっている場合がありますので、壁に取り付ける為の4個の穴をあけてあります。

DSC_8778

樹脂の素材を変えて2種類作りましたが、撮影用に黄色を使いましたが、実用面では、透明なPET樹脂の方が重さが軽いので、きっと実用的です。

DSC_8779

磁気で壁に垂直に止めますと平行を確保出来ます。ブローニーフィルムはKodakが153cmでFUJIFILMか150cmの長さがあります。湿度の関係で、遮光紙は合成紙であってもフィルムを巻くにあたりカーリングをしたりします。そんな中、磁気で平衡を保ちつつ遮光紙の中央を確保しながらフィルムを巻き込むことができます。

DSC_8782

画像では、現像後のフィルムですので黒くて見えずらいのですが、巻きながら上に上に上げながら、移動しながらフィルムを巻き込むことができます。垂直にして使いますので、磁力で任意の場所で止める事ができて真暗な暗室でも、慌てず任意の場所で作業がし易くなります。

DSC_8784

磁石のフィルム幅寄せ具が壁でどのように止まっているか画像を後でUPします。2000ガウスの磁石がありますとダークバッグ用の手のひらサイズのフィルム巻き取り具にも応用ができると当初考えていましたが、部品を減らす事は、もっと重要なので、垂直でも任意の場所で止まっていられるものだけに、利用すべきでしょう。

このように、強力な磁力でフィルム幅寄せ具が停止してくれますので、暗い中で遮光紙の中央に巻いてゆく為のサポートになります。

DSC_9137

下から上に徐々にフィルムを巻いて上に上に登ってゆくように巻いてゆきます。

DSC_9149

フィルムを最後まで巻いてゆきますと、フィルムの停止用テープのところで、遮光紙にぴったり停止しない時がありますが、スタート位置とフィルムの長さが正確であれば、テープで停止位置をずらしても、大きな問題ではありません。

DSC_9150

はじめてActive Filmを巻く人が陥りやすいのは、フィルムを緩く巻くようです。巻くコツは売られている新品のフィルムのイメージで巻いて下さい。新しいフィルムは非常にきっちり巻いています。ですからフィルムはきつめに巻くように心がけて下さい。

Active Film吊るし巻きの暗室でのぶれない新たなアプローチ

当初少しでも正確に吊るし巻きでActive Filmを巻く技術を確立しようとしておりました。こんなものを当初考えました。荒井技研のつり金具にKodakのスプールをフィルムの幅寄せ具としました。天蚕糸で吊るしてあるだけなので,揺れますので…。

DSC_8705

揺れる長さを減らす為にこのようなものが使えないかと思い、やってみました。

DSC_8708

ダークバッグの中でActive Filmを正確に巻く方法が確立出来ました。そこで暗室が既にあったり、簡単に暗室を作る事が出来る環境の方の為にActive Filmの吊るし巻きの進化型です。

吊るし巻きの時に壁に負担をかけず、塩化ビニールで出来たホワイトアングルというもので、リニアにすべきという結論になりました。

DSC_8695

更に、Kodakのスプールを使いフィルム幅寄せ具を軽量化します。兎に角リユースでユニバーサルなものでActive Filmを作るというポリシーがあります。このWebサイトを見ながらでも自分で作ることができるフィルムです。

DSC_8700

リニアで任意の場所で停止出来なければなりません。綺麗にしかも正確に金属で磁力を受け止めて83cmの長さを確保しようとする時これが一番綺麗で正確なものでした。ホームセンターでブリキ板は2,000円以上しています。しかもカットがはなはだ難しい。しかもマグネットテープですと、NSの関係で磁力が落ちます。スプールの横に取り付けているのが、2,000ガウスの磁石です。それを受け止める100均のスケールが大変重宝します。

DSC_8689

100均で売られているメジャーです。スケールを切る場合もニッパよりも、万能ハサミが便利です。

DSC_8691

メジャーを分解して、メジャーの金属部分を使うことにします。ホワイトアングルという塩ビにアクリルテープで固定します。

DSC_8697

メジャーをアクリル両面テープに貼付けます。使うのは2枚分だけになります。

DSC_8704

UPでみますと、カッターの刃が入るようにしておきます。

DSC_8702

第一回目はここまでとさせて頂きます。ホワイトアングルの一辺に貼付けます。

DSC_8694

Active Filmを作る為の脇役たち

黒いコンストマガジンをつかうActive Film巻取具の両脇の土手の部分を新しい物は、極力低くしています。当然の事ながら、ブローニーフィルムのスプールの鍔の高さ位までは、低くした方がいいようです。その方が使い勝手が良いからです。

DSC_8000

必要がなくなったら捨てられるスプールの活用法から、考えた方法ですが、FUJIFILMを除くスプールは、Active Filmのフィルムの幅寄せに使えます。理由はスプールの真ん中に、FUJIFILMの特許である遮光紙が外れなくする為の加工がないからです。金属ノコギリや超音波カッターで切ることができます。

DSC_8224

フィルムの幅寄せには以前にも詳しく説明させて頂きましたのでそちらを参考にして下さい。金鋸やカッター・ニッパで切ることができます。只ニッパで切る時のコツですが、力を徐々にいれて切るようにすると、思った所が切れます。

DSC_8274

画像にあるようにスプールの中心にフィルムがくるようにセットします。フィルムを外れなくする為にはコの字の蓋をつけますとフィルムが飛び出さないので、Goodです。

DSC_8277

次の脇役は、100均やホームセンターで販売されているプラスチック樹脂を用意して35mmの幅にカットします。片方を角丸にします。0.7mmや0.5mmの樹脂は、同じく100均・ホームセンターで売られている万能ハサミ・キッチンハサミでもカットが出来ます。ちょっと不器用な方は画像のように美容用の眉毛カットハサミでも上手に切ることができます。明室での作業でもテープの粘着力が落ちないように、この後で説明しますリタック紙を使ったり、遮光紙にテープを貼る時にもこの青い樹脂は、初心者には便利な脇役になってくれます。油性ペンで、書いた後に透明な荷づくりテープなどで覆って下さい。理由は直ぐに分かると思います。

DSC_8235

100均・ホームセンターで売られている塩ビテープでフィルムで止めております。本来はFUJIFILMのように一定の粘着力がある軟粘着テープが良いようです。本来は、当方がテープメーカーに一定のロットで作らせて販売するのが良いのですが、テープは経年変化の影響を受けやすいので、躊躇しています。

DSC_8230

印刷業界では、糊つきの紙をタック紙と読んでいます。インクジェット紙やレーザープリンター紙で主にA4とかがPC専門店で貼って剥がせるタック紙として売られています。これなどが便利に使えます。画像にあるようにタック紙の糊面にはリタックという糊にもくっ付かない紙が使われています。そのリタック紙を塩ビテープの糊面に半分貼っておきます。

DSC_8232

リタックを半分はり、後の半分を遮光紙に貼り使うようにします。120・220タイプでその使い方は変わる場合があります。

左側が粘着面側からみたところで、右側が塩ビテープの表側になります。

DSC_8227

左側が120タイプに使うときのテープです。右側が220タイプで使うときの形態です。

DSC_8236

飽くまでもイメージですが、220タイプはこのような繋ぎ方になります。フィルムを3mm程遮光紙の先端にもぐらせてから接着するとフィルムがスムーズに流れます。

DSC_8246

暗視スコープで見ることができるのであれば、リタックの方法もこのような手順を説明する必要がないかも知れませんが、ダークバックや暗室を前提とする場合、リタック紙があるとないとでは、安心感が随分変わってきます。

DSC_8248

今回脇役達とご紹介しましたが、まだまだ進化しますし、別な発想で自分ならこうするな?というようなご意見がありましたらお待ち致しております。

どういう訳か? 特許公開以降Googleアナリティクスでは、このサイトはケータイで近隣の中国人・韓国人に見られています。Google検索でも裏ずけられます。日本語以外の文字化けがでます。